WORKS施工事例

箱根町 K様邸:別荘地 獣害対策  フェンス囲い 大型門扉設置

閑静な別荘地箱根。近年問題になっているのは獣害です。
獣害は都心部ではハクビシンやアライグマといった小動物ですが、ここ箱根町ではそんなかわいらしい動物ではありません。
イノシシや鹿が悪さをするのです。なんだ、イノシシや鹿なら悪さしてもたかが知れてるだろうと思っているあなた、大きな間違いです。イノシシは強力な鼻の力で敷地内をありとあらゆる場所を掘り返し餌をさがします。
人の力では到底動かすことのできないような地中に埋めてある枕木をいとも簡単に掘り起こし、通路をめちゃくちゃにしたり、せっかくきれいに手入れされている芝生を穴だらけにしてしまう事なんてかわいいもの。その周辺には糞が散乱するといううれしくないおまけまでつけてくれるんです。
鹿はせっかく植えている植栽を手あたり次第に食べまくり、草花などは一晩で丸坊主にされてしまいます。こちらもおまけの糞を忘れずに置いて行ってくれます。

別荘地は特に人の気配がないため動物にとっては天国です。都会の喧騒を忘れ自然の中でゆったり癒されるためのスペースを、普段留守をしている隙に、好き勝手されてしまってはひとたまりもありません。

今回はそんな悩みを解決するために別荘の敷地を隙間なくフェンスで囲い、出入り口も見た目にも重厚感のある門扉と袖壁を設け、獣からしっかりとガードできるようにしました。
獣は崖や石積なんてお構いなしに侵入してくるので、フェンスの設置場所はかなりの急こう配な崖のような場所や、樹木の合間を縫って設置します。
イノシシはその巨体からは想像できませんが、1m程度はジャンプしてフェンスを乗り越えてくることも報告されています。そのため資材はゴツく大きなものになります。移動も設置も苦労が絶えません。

ロートアイン特注門扉
フェンス アサヒスチールPCフェンス 亜鉛メッキ H1200



別荘地で獣害に悩まれている方はお気軽にご相談ください。
相談窓口はホームページの問い合わせ欄からお願いします。

エクステリアメニューMENU

特集FEATURE